最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログランキング

« 場所の副詞と前置詞の関係〔英語・参考書のスキマ〕 | トップページ | 英語辞典の使い方〔英語・参考書のスキマ〕 »

2024年3月 1日 (金)

持っててもwant、 知らなくてもknow〔英語・参考書のスキマ〕

長さ :★☆☆☆☆(~5分)
レベル:★★★★☆(発展)
重要度:★★☆☆☆(まずまず)

 

 動詞 want は「欲する」、「望む」、「~したいと思う」など、基本的に話し手や主語の人物がまだ持っていないものを欲する(していないことをしたいと思う)時に使うのが基本です。ですが、すでに持っているものについて「まだ必要とする」、「失いたくない」という意味で使うこともあります。

 "Can I throw away this old towel ?"

 "No, I want it."

 「この古いタオル捨てていい?」

 「ダメだよ。要るよ」

という具合です。これはそのまま「欲しい」と直訳すると変になりますね。

 

 また、動詞 know は「あることを事実として知っている」ことを表すのが基本ですが、「事実として確認していないが確信している」という意味で使うこともあります。

 "I know you're cheating on me !"

 「あなたが浮気してるの知ってるんだから!」

という言い方は、確たる証拠がなくても、話し手が確信(時に思い込み)していれば言います。この用法は辞書にも出てますね。日本語の「知っている」でも同じような使い方をしますから直訳でも不自然さはありませんが、読解問題の時には実際に知っているのかいないのか注意が必要な場合があるかもしれません。

 

 このように、最も基本的な動詞は意味や用法が広いため、盲点になりやすい用法や、辞書でもカバーしきれていない用法があったりします。多くの用例に触れて様々なニュアンスをつかめるようにしましょう。こういうのを学ぶには特に説明文よりも物語文がおすすめです。

 

Amazon.co.jp : 講談社英語文庫 Cheeseburgurs

Amazon.co.jp : 講談社英語文庫 American Beat

 


▼クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

塾講師ロクスケのリンゴ箱通信 - にほんブログ村


« 場所の副詞と前置詞の関係〔英語・参考書のスキマ〕 | トップページ | 英語辞典の使い方〔英語・参考書のスキマ〕 »

英語」カテゴリの記事

英単語」カテゴリの記事

レベル★4」カテゴリの記事

重要度★2」カテゴリの記事

参考書のスキマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 場所の副詞と前置詞の関係〔英語・参考書のスキマ〕 | トップページ | 英語辞典の使い方〔英語・参考書のスキマ〕 »